【広告・PR】先週に引き続きこのサイトが爆発するかも 無料予想を試してみる
このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京競馬場】芝2000mの特徴と攻略情報|わかりやすく解説!

  • URLをコピーしました!
【広告・PR】
umamo有料予想の結果(10日間)
umamoとは?

JRA・南関・地方競馬の三連単予想を提供している数少ない競馬予想サイトです。

無料予想はありますか?

1鞍限定で無料予想を提供しています(土日はJRAのみ)。

利用料金は発生しますか?

登録料・月額利用料は発生しません。有料予想を購入する場合のみ利用料金が発生します。

\ 今なら嬉しい特典がもらえる! /

このページでは、東京芝2000mのコースの特徴をわかりやすく解説させていただいております。
「競馬を始めてみたけどよくわからない」、「コースへの着眼点を学びたい」など、競馬ビギナーはもちろん、ある程度競馬に親しまれた方でもお役に立てる情報満載!
ぜひ、参考にしてみてください。

東京芝2000mの注目ポイント!
・8番から内の馬が狙い目!
・逃げ・先行有利で、上がりの脚が使えればかなり有力!
・石橋脩騎手、横山武史騎手は意外と狙い目!
・父がモーリス、エピファネイア、キズナ産駒には注目!
目次

東京芝2000mのコース特徴

東京競馬場は左回りのコースです。1コーナー奥のポケット地点からスタートし、約130m先にある2コーナーにあっという間に差し掛かります。芝1800mとは異なり、2コーナーは大きなカーブということや、スタート直後は馬群がかたまり気味で、そのまま2コーナーに突入していくので、多頭数の外枠ではかなりの距離ロスが発生するほか、先行争いが激しくなる部分であることから、ごちゃつきやすくなりやすいポイントです。

2コーナーから3コーナーまでの距離は800mほどあります。向こう正面に入り、緩やかな下り坂を進んだ後、緩い上り坂に差し掛かります。100mほど上ると、そこから3コーナー中間まで下り坂に差し掛かります。

東京競馬場自体はコーナーの半径が大きく、下り坂でスピードが乗っていても、コーナーで膨れることはまず見られません。

4コーナーを回ると、525.9mの直線を迎えます。直線に入って100mほど進むと、高低差2mの上り坂に差し掛かります。直線残り300mあたりから平坦になり、そのままゴールとなります。

2コーナーまではポジション取りが激しくなりやすいですが、2コーナーから3コーナーまでの距離があること、最後の直線が長いこともあり、先行争いは激しくなりにくい傾向にあります。ペースが上がらないので直線は瞬発力勝負になりやすいですが、開催前半や、馬場状態の良い状態の馬場では先行馬がそのまま押し切るパターンがよくみられます。開催後半になると、中団からの差し馬の台頭もよくみられます。
最後の直線でどれだけ速い脚が使えるかというのがポイントで、逃げ馬の逃げ切りもまずまずみられます。序盤の2コーナー、中盤の展開、最後の直線のスピードと力比べといった、見所が満載のコースといえるでしょう。

枠番成績

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 26-21-16-171/234 11.1% 20.1% 26.9%
2枠 22-18-20-186/246 8.9% 16.3% 24.4%
3枠 23-19-29-191/262 8.8% 16.0% 27.1%
4枠 26-27-13-213/279 9.3% 19.0% 23.7%
5枠 21-39-34-204/298 7.0% 20.1% 31.5%
6枠 25-23-31-246/325 7.7% 14.8% 24.3%
7枠 32-27-27-274/360 8.9% 16.4% 23.9%
8枠 33-34-38-279/384 8.6% 17.4% 27.3%

勝率では1枠が抜けて良く、コースの優位性がうかがえます。ただ、連対率や複勝率では5枠が優秀で、5枠に入った馬にも注目といえるでしょう。

馬番成績

馬番 成績 勝率 連対率 複勝率
1番 23-18-14-151/206 11.2% 19.9% 26.7%
2番 21-18-16-153/208 10.1% 18.8% 26.4%
3番 17-17-25-149/208 8.2% 16.3% 28.4%
4番 22-19-15-152/208 10.6% 19.7% 26.9%
5番 13-25-20-150/208 6.3% 18.3% 27.9%
6番 18-22-23-144/207 8.7% 19.3% 30.4%
7番 20-12-20-155/207 9.7% 15.5% 25.1%
8番 25-23-17-132/197 12.7% 24.4% 33.0%
9番 12-15-17-136/180 6.7% 15.0% 24.4%
10番 10-14-10-117/151 6.6% 15.9% 22.5%
11番 9-9-9-93/120 7.5% 15.0% 22.5%
12番 6-3-6-74/89 6.7% 10.1% 16.9%
13番 6-7-6-52/71 8.5% 18.3% 26.8%
14番 2-2-5-43/52 3.8% 7.7% 17.3%
15番 2-2-1-33/38 5.3% 10.5% 13.2%
16番 2-2-4-20/28 7.1% 14.3% 28.6%
17番 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0%
18番 0-0-0-4/4 0.0% 0.0% 0.0%

8番を境に、内外で成績の差が生まれています。8番がとにかく優秀ですが、そこから内枠ならまずまず良さそうで、逆に外だと、外に行くごとに数字や率が落ちていく傾向にあるといえます。

脚質別成績

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 39-26-19-132/216 18.1% 30.1% 38.9%
先行 86-82-72-469/709 12.1% 23.7% 33.9%
差し 57-74-72-579/782 7.3% 16.8% 26.0%
追込 24-23-43-575/665 3.6% 7.1% 13.5%

脚質別でみると、前に行った方が良い成績であるように見えます。母数の違いがあるものの、相対的にみても、逃げや先行タイプの成績が良いといえるでしょう。

上がり3ハロン(F)順位別成績

上がり3F 成績 勝率 連対率 複勝率
1位 88-61-47-53/249 35.3% 59.8% 78.7%
2位 46-52-50-82/230 20.0% 42.6% 64.3%
3位 30-41-33-100/204 14.7% 34.8% 51.0%
4、5位 28-33-40-313/414 6.8% 14.7% 24.4%
6位~ 16-21-38-1210/1285 1.2% 2.9% 5.8%

脚質的には前に行く馬が有利なコースといえますが、とにかく上がり3ハロンが上位の馬の成績が優秀といえます。そして、上がり最速の馬の複勝率が約8割ということを考えると、上がり最速の馬はほとんど馬券圏内に絡んでいるといっても過言ではない成績となります。最後の直線でスピードを出せる馬をとにかく重視しましょう。

上がり3ハロンとは、ゴールから逆算して3ハロン(600メートル)のことです。最初を「テン」、中盤を「なか」、終盤を「しまい」「上がり」と呼びます。

騎手成績上位10傑

騎手 成績 勝率 連対率 複勝率
C.ルメール 44-18-20-47/129 34.1% 48.1% 63.6%
田辺裕信 14-10-12-79/115 12.2% 20.9% 31.3%
戸崎圭太 13-14-12-64/103 12.6% 26.2% 37.9%
M.デムーロ 12-10-19-52/93 12.9% 23.7% 44.1%
三浦皇成 10-12-6-66/94 10.6% 23.4% 29.8%
石橋脩 10-9-8-37/64 15.6% 29.7% 42.2%
横山武史 9-5-9-46/69 13.0% 20.3% 33.3%
福永祐一 7-8-3-26/44 15.9% 34.1% 40.9%
北村宏司 6-5-5-41/57 10.5% 19.3% 28.1%
内田博幸 6-4-5-69/84 7.1% 11.9% 17.9%

C.ルメール騎手の成績が抜けて良いといえます。複勝率は驚異の6割越え、連対率も5割に近く、2回に1回は2着以内というような成績です。M.デムーロ騎手も高確率で馬券圏内に絡んでいる成績ですが、注目はその下の石橋脩騎手、横山武史騎手です。
石橋脩騎手は、C.ルメール騎手に次ぐ率の高さをマークしており、このコースで騎乗していたときには信頼度が高い騎手といえます。また、横山武史騎手は、率こそはまずまずですが、単勝回収率、複勝回収率ともに100%を超えており、単純に横山武史騎手をべた買いしても儲けられる騎手といえます。
C.ルメール騎手は東京競馬場での成績が大体どのコースでも高いことを考えると、C.ルメール騎手以外に注目するならば、石橋脩騎手、横山武史騎手といえるでしょう。

回収率とは、購入した金額に対して回収できた割合のことを言います。100%より高ければ購入より回収の方が高いので、儲けになるといえます。

調教師成績上位10傑

調教師 成績 勝率 連対率 複勝率
堀宣行 21-16-8-23/68 30.9% 54.4% 66.2%
国枝栄 19-13-7-35/74 25.7% 43.2% 52.7%
木村哲也 10-4-2-22/38 26.3% 36.8% 42.1%
手塚貴久 7-8-3-24/42 16.7% 35.7% 42.9%
尾関知人 6-5-3-26/40 15.0% 27.5% 35.0%
相沢郁 6-3-4-33/46 13.0% 19.6% 28.3%
奥村武 6-3-4-20/33 18.2% 27.3% 39.4%
大竹正博 5-2-5-20/32 15.6% 21.9% 37.5%
鹿戸雄一 4-7-8-36/55 7.3% 20.0% 34.5%
久保田貴士 4-4-1-14/23 17.4% 34.8% 39.1%

上位3名の調教師の厩舎はとにかく東京芝1800mが得意といったような成績といえます。特に、堀宣行厩舎は3回に2回馬券に絡んでいるような成績で、国枝栄厩舎も2回に1回馬券に絡んでいるような成績です。これらの厩舎から出走の際は特注といえるでしょう。
また、上位10傑には入っていませんが、宮田敬介厩舎は勝率2割越え、複勝率も約5割で、率でいえば上位3厩舎に匹敵するものとなっています。宮田厩舎にも注目してみると良いでしょう。

種牡馬別成績上位10傑

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 33-37-31-174/275 12.0% 25.5% 36.7%
ハーツクライ 18-21-18-127/184 9.8% 21.2% 31.0%
キングカメハメハ 16-9-5-58/88 18.2% 28.4% 34.1%
モーリス 10-7-4-19/40 25.0% 42.5% 52.5%
エピファネイア 10-5-6-41/62 16.1% 24.2% 33.9%
ハービンジャー 9-9-15-88/121 7.4% 14.9% 27.3%
キズナ 8-5-3-31/47 17.0% 27.7% 34.0%
スクリーンヒーロー 7-4-5-33/49 14.3% 22.4% 32.7%
ロードカナロア 6-12-10-44/72 8.3% 25.0% 38.9%
ルーラーシップ 6-8-9-65/88 6.8% 15.9% 26.1%

ディープインパクト産駒の勝ち星の多さが目立ちますが、注目はモーリス、エピファネイア、キズナでしょう。モーリス産駒はとにかく率が優秀で、2頭に1頭は馬券に絡んでいるような成績です。エピファネイアやキズナは率の高さもさることながら、単勝回収率が100%を超えています。上位3種牡馬の成績が目立ちますが、父がモーリス、エピファネイア、キズナの産駒には注目といえるでしょう。

【広告・PR】
umamo有料予想の結果(10日間)
umamoとは?

JRA・南関・地方競馬の三連単予想を提供している数少ない競馬予想サイトです。

無料予想はありますか?

1鞍限定で無料予想を提供しています(土日はJRAのみ)。

利用料金は発生しますか?

登録料・月額利用料は発生しません。有料予想を購入する場合のみ利用料金が発生します。

\ 今なら嬉しい特典がもらえる! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次