こんなことを言ったら笑われました。

あなたの予想時間を大幅に短くしてくれるサイトがあります

こんなことを言ったら笑われました。


87.9%の人が継続利用している競馬情報サイトをご存知でしょうか。

無料予想だけで19週連続的中している実績のあるサイトで、無料コンテンツは4種類。

出典:ターフビジョン
無料情報(毎週定期更新)
  • 週末作戦研究室
  • PickUpグリグリくん
  • トレセン”リアル”レポート
  • PickUp重賞注目馬

全部無料ですが、オススメはPickUpグリグリくん

毎週土日2レースずつ鉄板級の厳選馬を完全無料で提供しています。

出典:ターフビジョン(PickUpグリグリくん)

会員向けの無料情報だけで、なんと19週連続的中の実績は、この手の競馬予想サイトで群を抜いています。

業界で唯一【iBook・kindle】の出版許可を取得しており、競馬サイトでは初の電子書籍「週末にひとりで稼ぐ方法」を出版。

さらに、競馬サイトでは審査の下りない【Yahoo!ウォレット】を業界初導入

つまり、アマゾンとヤフーも認めた優良サイトなんです。

ターフビジョンの信頼性

競馬情報サイトでは許可の下りない
iBook・Kindleで出版許可を取得!

信頼あるサイトにしか許可の下りない
Yahoo!ウォレットを業界初導入!

無料情報だけで19週連続的中の実績!

土日に馬券を買いたいけど・・・

  • 仕事で予想する時間がない
  • 家族サービスで時間がない
  • 考えすぎて軸が決まらない
時間がなくても馬券購入までの簡単3STEP
  • STEP①
    ターフビジョンにログイン
  • STEP②
    「PickUpグリグリくん」推奨馬をチェック
  • STEP③
    馬券購入

実績と信頼のある無料情報を手に入れることで、あなたの予想時間は大幅に短くなります。

  1. 登録費・年会費無料!
  2. 87.9%の人が継続利用中!
  3. Amazon・Yahoo!公認の競馬予想サイト
【期間限定】今なら3,000円分のポイントをプレゼント!

競馬の的中率を1%でも上げるたった3つのシンプルな方法とは?

競馬blog

こんにちは、管理人のゆうじです。

プロフィール

21歳で450万円、22歳で562万円を的中させ、それ以降は大勝ちしたり大負けしたり・・・競馬依存症に苦しみ借金したり・・・。今は妻と子供のために、お小遣いで複勝転がしをメインに楽しんでいる男。

2009/08/09第44回関屋記念

今回はあなたの的中率を上げる方法をご紹介します。

当たるには当たるんだけど、プラスにならない・・・。

何でもかんでも目の前のレースを買ってしまい、取りこぼしが多いんだよな・・・

こんなお悩みに対して、私なりの方法が少しでも参考になればと思います。

的中率を上げる方法とは?

誰しもが的中率を上げたいと思うのは当然のこと。

予想家の人たちを除いて、当たる分だけ楽して稼げているわけですからね。

5,000円でも勝てればアレも買ったりコレもできたり・・・なんて夢は膨らみますよね。

それでは、具体的な方法をお伝えしていきます。

①騎手を固定する

たとえば、武豊・川田将雅・ルメールが騎乗する馬だけ購入する。という感じですね。

騎手を固定することによって、この馬のタイプなら合いそうとか、この厩舎との相性良かったよね。など、騎手を固定して追いかけていけば、他の人には気付かない好走例にガッチリハマるときがきます。

②コースを固定する

たとえば、直線の長い外回りコースのレースだけにする、小回りのコースの短距離だけにこだわる。など、あなたのこれまでの結果を冷静に振り返り、得意なコースを見極めてみませんか。

ちなみに私は中央の場合、ダートレースの的中率が低いため、芝の1600M以上のレースを中心に買うようにしています。

③迷うレースは見送る

これが1番大事じゃないかな?と思います。

自分の中で7、8割も自信がないのに馬券を購入したりしていませんか。

もちろん馬券を購入してレースを楽しみたい気持ちは私にもわかります。

しかし、馬券を外したら意味がないのです。

マイナスで帰宅するより、少しでもプラスになって帰るほうが気持ちいいじゃないですか。

目の前のレースを買い続けた結果、気付けばメインレースを買うお金が残っていなかった・・・なんて話しよく耳にしませんか?

まとめ

今回、私からお伝えした方法は下記のとおり。

  1. 騎手を固定する
  2. コースを固定する
  3. 迷うレースは見送る

この3つですが、特に(3)迷うレースは見送るは本当に本当に大事だと思います。

1Rでも多く的中することを願って。

タイトルとURLをコピーしました