【白山大賞典2020予想】マスターフェンサーが突き抜ける!

地方競馬予想

今回は、2020年9月29日(火)に行われる、白山大賞典2020を予想していきます。

白山大賞典2020(出馬表)

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11エルデュクラージュ騸654C.ルメール
22ロンギングルック牝452中島龍也
33ロードゴラッソ牡555藤岡佑介
44ティモシーブルー牡654畑中信司
55ロードレガリス牡554武豊
56リンノレジェンド牡454吉原寛人
67ドリームリヴァール騸1054池田敦
68ヒストリーメイカー牡654畑端省吾
79ホーリーブレイズ牡654田中学
710リンクスゼロ牡654深沢杏花
811マスターフェンサー牡455川田将雅
812サウスアメリカン牡554栗原大河

白山大賞典(過去5年の傾向)

  1. 1着はすべてJRA所属騎手
  2. 1着はすべてJRA関西馬(今回JRA馬は全頭関西馬)
  3. 過去4年の1着馬は、同年にダートグレード競走で1着になっている

本命は⑪マスターフェンサー

ということで、本命は⑪マスターフェンサー

前走のマーキュリーカップを堂々と制覇しており、地方競馬の馬場適性を証明済み。

エルデュクラージュを逆転する舞台は整った。

相手は③ロードゴラッソ

相手は③ロードゴラッソ

今年行われた、名古屋大賞典で1着、佐賀記念でも2着と、地方競馬の馬場適性は高い。

前走のエルムステークスは出遅れが原因で、今回は叩き2戦目。

配当的にもチャンスか!?

3番手評価は①エルデュクラージュ

3番手評価は①エルデュクラージュ

本命◎のマスターフェンサーに連勝してこの舞台に進んできたが、スライドの大きい馬で、先行争いが激しくなるメンバーに対して、最内枠を引いてしまって点が気になる。

スタートを決めて、すんなり好位につければあっさり突き抜けることは可能。

押さえは⑤ロードレガリス

武豊騎手が騎乗したレースは3戦3勝と相性が良い。

巻き返しの可能性は十分にある。

白山大賞典2020(買い目)

三連単4点で勝負!

⑪-③-①・⑤

⑪-①・⑤-③

タイトルとURLをコピーしました