【期間限定】無料会員登録で3,000円分のポイント獲得!!

【複勝率100%!?】新潟2歳ステークス2020を予想してみた!

中央競馬(JRA)予想

こんにちは、管理人のゆうじです。

今回は、2020年8月30日(日)新潟競馬場で行われる新潟2歳ステークス(GⅢ)を予想していきます。

昨年はウーマンズハートが中断から上がり32.8秒の豪脚を披露して見事1番人気に応えました。

過去には、2013年の優勝馬ハープスターが阪神ジュベナイルフィリーズで2着となり、翌年の桜花賞で優勝。

2015年の優勝馬ロードクエストと、2018年の優勝馬ケイデンスコールは、それぞれ翌年のNHKマイルCで2着に入るなど、出世レースの一つとされています。

プロフィール

21歳で450万円、22歳で562万円を的中させ、それ以降は大勝ちしたり大負けしたり・・・競馬依存症に苦しみ借金したり・・・。今は妻と子供のために、お小遣いで複勝転がしをメインに楽しんでいる男。

2009/08/09第44回関屋記念

新潟2歳ステークス 予想

予想難解な2歳重賞ですが、データを紐解いていくと意外(?)と本命は絞りやすいレースといえます。

コース解説

出典:JRA

向正面半ばからのスタートで、外回りコースの入り口から3コーナーまでは緩やかな上り坂となる。スタート地点から3コーナーまでは約550メートル。3コーナーから4コーナーにかけて緩やかな下りがある。直線距離は658.7メートルで、JRAのコースの中では最も長いこともあり、前半は遅く、上がり(後半)が極端に速くなる傾向がある。2歳馬にとってはタフなコースで、長い直線まで脚を温存できる能力が重要となる。古馬混合(3歳以上)のレースでは、直線でスピードを持続する能力が要求される。

引用:JRA

種牡馬成績

実力を発揮しやすいコースなので、ディープインパクト産駒や、ハーツクライ産駒、ロードカナロア産駒など、リーディング上位の種牡馬の信頼度は高い傾向にあります。

当該レースの傾向

人気別成績

過去8年の優勝馬は1番人気か3番人気というオモシロイ結果になっています。

単勝で狙うなら、直前までオッズと睨めっこしても損はなさそうなデータ。

騎手成績

過去10年では、柴田善臣騎手と松岡正海騎手が2勝ずつ。

その他は1勝ずつと相性の善し悪しはなさそうなデータ。

前走1~3番人気

過去4年の新潟2歳ステークス3着内馬12頭を調べたところ、12頭すべての馬が前走で1~3番人気

前走左回り

過去8年の優勝馬の前走は、8頭すべてが左回り(新潟・中京・東京)。

前走1着馬

過去10年の新潟2歳ステークスの3着内馬30頭のうち、28頭が前走1着馬

前走上がりタイム1位

過去8年の優勝馬のうち7頭が前走で上がりタイム1位

出走予定馬

馬名性齢 騎手 斤量
シュヴァリエローズ牡2 Mデムーロ 54.0
フラーズダルム牝2 福永 54.0
ブルーシンフォニー牡2 田辺 54.0
ショックアクション牡2 戸崎圭 54.0
ブルーバード牝2 柴田大 54.0
ロードマックス牡2 岩田望 54.0
ジュラメント牝2 藤田菜 54.0
ハヴァス牡2 丸山 54.0
セイウンダイモス牡2 内田博 54.0
ファルヴォーレ牡2 岩田康 54.0
タイガーリリー牝2 三浦 54.0

本命◎はこの馬!

前走1着×前走左回り×前走1~3番人気×前走上がりタイム1位の馬をピックアップすると、

  • ロードマックス
  • ショックアクション

この2頭に絞られた。

そして、最後の決め手として、前走の競馬場別成績。

過去10年の前走競馬場別成績を見ると、前走新潟競馬場に出走した馬の3着内率12.2%に対して、前走東京競馬場に出走した馬の3着内率は35.0%

さらに、新潟1600メートル=ディープインパクト産駒という相性を加味して、本命◎にロードマックスを指名!

タイトルとURLをコピーしました